カマグラと交感神経遮断薬で勃起が強まった経験は?

クエン酸シルデナフィルは、バルデナフィルやタダラフィルと並び、日本で広く使われている勃起不全症治療薬の有効成分の1つです。クエン酸シルデナフィルはバイアグラという商品名でゆうめいですが、海外にはより安価なバイアグラのジェネリック医薬品が沢山流通しており、それを個人輸入される方が沢山いらっしゃいます。カマグラはクエン酸シルデナフィルの海外製品の1つでインドのAjanta Pharmaという会社が製造販売している製品です。このクエン酸シルデナフィルと血圧降下剤としてよく使用される交感神経遮断薬を併用すると勃起効果が増強した経験はありませんか。そのことについてここでは解説します。
クエン酸シルデナフィルは、陰茎部の血管を拡張させて、海綿体への血液流入量を増加させることによって勃起を引き起こします。詳細には、ホスホジエステラーゼⅤという酵素を阻害することで、血管平滑筋弛緩効果のあるサイクリックGMPの分解を抑えることで、血管を拡張します。一方、交感神経遮断薬も血管を拡張させることで、血圧降下作用を発揮します。詳細には、交感神経終末のノルアドレナリンの受容体を遮断することにより、血管を拡張させます。陰茎部の血管収縮、拡張のコントロールも交感神経がつかさどっているため、クエン酸シルデナフィル単剤より、交感神経遮断薬を併用した時の方が勃起は誘発されやすくなります。
一方、クエン酸シルデナフィルの薬効も、陰茎部に限らず全身的に影響を与えるため、過度な血管拡張による、血圧低下、頭痛、顔面紅潮、鼻づまり、めまい等の副作用が増強する可能性があります。クエン酸シルデナフィルには併用できない薬が沢山あるので、カマグラ購入時には併用薬のある方は慎重に検討しましょう。